風呂保温ヒーターの口コミや電気代を調査

この記事は、お風呂のお湯を温かく保つ方法を探している方に向けて書かれています。

電気でお湯を沸かす「風呂保温ヒーター」の

  • 口コミや評判
  • メリット・デメリット
  • 電気代

を調査していきます。

追い炊きがないお風呂は要チェックです!!

早速、風呂保温ヒーターの口コミや評判をチェックしていきましょう。

この記事はこんな人におすすめ
  • 給湯器が故障して修理までに時間がかかる
  • 賃貸住宅で追い炊き機能がない
  • 深夜や早朝でも温かいお風呂に入りたい
  • お風呂のお湯が冷めてしまう
  • プロパンガスが高くて困っている

この記事を読むことで「風呂保温ヒーター」がどんな商品なのか?

今の悩みを解決してくれる商品なのか?

についての疑問を解消してくれます。

目次

風呂保温ヒーターとはどんな商品なのか?

「ぬるいお湯で入浴していませんか?」

風呂保温ヒーターは、電気でお風呂のお湯を沸かす電化製品です。

冬場の入浴。温かいお風呂に入って温まりたいものです。しかし、追い焚き機能がないため、すぐにお湯が冷めてしまう。そんな悩みを解決してくれるのが、このバスヒーター。

本体を浴槽に沈めてスイッチを入れるだけで、お風呂のお湯を沸かすことができます。だから、いつでも今日一番のお風呂に入るような気持ちで入浴できます。

ですから冬場の入浴でも湯冷めの心配はありません。

冬場は特に、お風呂のお湯を温かく保つために、風呂保温ヒーターが大活躍します。追い焚き機能がないため、すぐにお湯が冷めてしまうことがあります。このヒーターは、浴槽に沈めてお湯を沸かすことでその問題を解決します。いつでもお風呂に入れるので、リラックスできますよ。

このような方に使って頂きたい・・・・
  • 子どもたちは夕方に入浴、両親は就寝前に入浴など、お風呂に入る時間がバラバラ
  • 帰宅時間が深夜になる家族がいる
  • 朝風呂に入る、寝る前に入るなど、1日に何度もお風呂に入る
  • 夜勤明けにお風呂に入りたい

風呂保温ヒーターの代表的な使い方は、「次に入浴する家族のためにお風呂のお湯を保温する」「給湯器が故障したので水からお湯を沸かす」です。


あまり知られていませんが、10年以上前からある製品で、とてもよく売れています。一度使ったら手放せない人が続出しています。

冬場の入浴には、電気でお湯を沸かすバスヒーターが最適です。
追い焚き機能がないと、すぐにお湯が冷めてしまうことがあります。このヒーターは、浴槽に沈めてスイッチを入れるだけで、その問題を解決してくれます。これでいつでも好きなときに、その日の一番風呂のように入浴することができます。

風呂のお悩みトップ3

バスタイムは、ゆったりとした贅沢な時間であるはず。しかし、お風呂のお湯の温度で悩む人は少なくありません。

お風呂のお湯の温度で困っているのは、あなただけではありません。お風呂のお湯の温度で困っている人の悩みトップ3についてご紹介します。

お悩みトップ3
  • 追い炊き機能のない賃貸住宅
  • 給湯器が故障し、修理に時間がかかる
  • プロパンガス代が高い

追い炊き機能のない賃貸住宅

ご相談で最も多いのは、「賃貸住宅で追い炊き機能がない」というものです。追い炊きとは、お風呂のお湯を沸かし直す機能のことです。日本の住宅では当たり前の機能ですが、賃貸住宅では必ずしも備わっているわけではありません。小さなお子さんのいるご家庭や、高齢のご夫婦には、大きな問題です。

給湯器が故障し、修理に時間がかかる

給湯器が壊れてしまい、修理に時間がかかってしまうというのも、お客様からお聞きするお悩みです。新型コロナウイルスの感染拡大や世界的な電子部品の供給不足等により、交換に数カ月かかることもあるようです。

プロパンガス代が高い

最後に、お客様からお聞きするお悩みは、「プロパンガス代が高い」ということです。「プロパンガス料金を安くする方法を探している」といつも言われます。そこで、プロパンガスを使わずにお湯を沸かす方法に興味を持たれています。

風呂保温ヒーターは快適さを向上させるだけでなく、光熱費の節約にもつながります。お湯の温度を一定に保つことで、入浴のたびにお湯を沸かし直すという無駄なエネルギーがなくなります。

風呂保温ヒーターの特徴や【メリット・デメリット】

風呂保温ヒーターのユーザーは、ご高齢夫婦の2人暮らしの方、小さなお子様がいらっしゃるファミリー世帯の方。一人暮らしの方。など様々です。

その中でも、家族の人数が多い場合は、風呂保温ヒーターがあるとありがたい。というのも、お風呂のお湯は時間が経つとどんどん温度が下がってしまうからです。

特に小さなお子さんや高齢のご家族がいらっしゃる場合、お風呂のお湯を温めることができる風呂保温ヒーターは、とても便利なアイテムです。しかし、風呂保温ヒーターには、お湯を沸かすのに時間がかかる、電気代がかかるなどのデメリットがあります。風呂保温ヒーターのメリットとデメリットについて、詳しくご紹介していきます。

風呂保温ヒーターのメリット

風呂保温ヒーターのメリットについて、順を追って説明します。

風呂保温ヒーターのメリット
  • 水からでも温めることができる
  • 子供からお年寄りまで簡単に操作できる
  • お湯を保温して、いつでも温かいお風呂に入れる

風呂保温ヒーターのデメリット

続いて、風呂保温ヒーターのデメリットについて説明します。

風呂保温ヒーターのデメリット
  • 水からお湯を沸かすのに時間がかかる
  • 長時間使用した場合の電気代が心配
  • 使い方によってはすぐ壊れる
  • 家庭用のお風呂250リットルまでに限定される
  • 入浴中は使用できない

水からお湯を沸かすのは、ガス給湯器の故障など緊急時のみ。一般的な使い方はガスと電気の併用です。

風呂保温ヒーターの口コミや評判をチェック

口コミの一部を紹介します。

風呂保温ヒーターの中でも売れ筋NO1の「沸かし太郎」は、楽天市場で1770件のレビュー数(2022年10月現在)を獲得しています。

風呂保温ヒーターを購入された複数の方の口コミを調査し、まとめました。我が家の投資対象として良いのかどうかなどをご紹介します。風呂保温ヒーターについてもっと知るために読み進めてください。

風呂保温ヒーターの良い口コミや評価

追い焚き機能のない我が家の救世主です

追い焚き機能のない我が家には助かります。風呂保温ヒーターは、追い焚き機能のない家にとってはありがたい投資です。お湯の冷めたお風呂に入ったことがある人は、それがどんなにリラックスできないかわかると思います。風呂保温ヒーターがあれば、もうそんな心配はありません。温かいお風呂を楽しめるだけでなく、追い焚きの手間も省けます。

設置も簡単に出来、お手入れも簡単と本当に良い商品に巡り会えました

操作方法が簡単で、掃除もしやすい、本当に良い製品に出会えました。風呂保温ヒーターといえば、使いやすさと掃除のしやすさは重要ポイントです。取付工事が必要だったなんてことは避けたいものです。

給湯器が壊れて、修理も交換もできずでこれのおかげで自宅でお風呂に入れて大変助かります

給湯器が壊れてしまい、修理や交換ができなかったので、おかげで家でお風呂に入れるようになり、とても助かっています。給湯器が故障して修理や交換ができない場合でも、風呂保温ヒーターがあれば、給湯器が使えなくても、温かいお風呂に入ることができるようになります。

風呂保温ヒーターは、自宅のための素晴らしい買い物です。設置も簡単で、掃除もしやすく、給湯器が故障したときの救世主にもなります。給湯器が使えなくても、暖かいお風呂を楽しみたいという方には、風呂保温ヒーターがおすすめです。

というような口コミを多く確認できました。

さらに

追い炊き機能のないお風呂ですがこれで家族全員快適に湯船に浸かることが出来ました

という評価をしている方が多い印象です。

風呂保温ヒーターの悪い口コミや評価

マイナス評価としては、「北陸の冬に水からお湯になるか試してみたところ10時間程ではまだぬるま湯でした」など。水からお湯を沸かす場合は、時間がかかるようです。

また個人的には、これがデメリットに感じる点があります。

それは、「入浴時にお湯が冷めてしまう」ことです。「入浴時にお湯が冷めてしまう」という問題が解決できないのは、残念なことだと思います。特に、外気温がすでにかなり低くなっている冬場は不便を感じることがあります。入浴が終わるころには体が震えていることが多く、気持ちのいいものではありません。この問題を解決する方法があればいいのですが、残念ながらなさそうです。

全体的に、満足している人が多いようです。使い勝手の良さや、お風呂がすぐに温まることが好評のようです。価格が少し高いというレビューもありますが、全体的には購入してよかったという声が多いようです。

風呂保温ヒーターの電気代はどれくらい?

風呂保温ヒーターは、約1KWのヒーターでお湯を沸かします。

ですから、電気代が心配になることでしょう。しかし、電気代を考える上で注意してほしい点があります。それは「湯沸かし」と「保温」で大きく異なることです。

「湯沸かし」とは、お湯の温度を上昇させること。たとえば、35℃のお湯を40℃に上昇させる場合です。そして「保温」とは、40℃のお湯を40℃に保温するケ場合です。

電気会社や契約内容によって料金は異なりますが、おおよその目安としては、下記のようになります。

スクロールできます
湯沸かし保温
1時間当たりの電気代約30円約5円

もし、真冬に水からお湯を沸かす場合の電気代(目安)は約240円(8時間×30円)になります。

風呂保温ヒーターの種類

風呂保温ヒーターにはいくつかの種類があります。ここでは代表的なものを4つご紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次