【徹底比較・ポカピカ編】ポカピカVSポカピカ2 どこが違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポカピカとポカピカ2の違いは?ポカピカを買うならどっち!

照明を付けると同時にヒーターが入り、身体を暖める「ヒーター内蔵型天井照明・ポカピカ」。冬のトイレや脱衣室、それに玄関など、狭い場所を短時間で暖かくするのに最適な商品です。

当サイトでは、暖ライト&ポカピカ2を紹介しました。(吊り下げ型半埋め込み型

ポカピカII ヒーター内蔵型天井照明 半埋め込み型

新品価格
¥24,840から
(2018/10/15 15:55時点)

ポカピカII ヒーター内蔵型天井照明 P14P04G

新品価格
¥18,300から
(2018/10/15 15:54時点)

「ヒーター内蔵型天井照明(暖ライト&ポカピカ2)」は、天井に設置する照明と一体型のカーボンヒーターです。壁についている照明スイッチが主電源スイッチで照明と連動してヒーターは作動します。内蔵されているカーボンヒーターはスイッチを入れた瞬間からすぐに放射熱により暖かくなる特長があります。

また、本体にはヒーター専用のON・OFFが簡単に切り替えられるスイッチがあるので、夏期など暖房を使用しない季節でも使えます。

実はポカピカ2以外にも、複数の商品が存在します。そうです、初期モデルのポカピカの発売が継続されているのです。

どちらも一見すると似たような外見ですが、暖かさや電気代などに違いはあるのでしょうか?

ポカピカの種類は全部で4つ

まず、ポカピカには、取付工事が必要な「半埋め込み型」と工事不要の「吊り下げ型」があります。新築やリフォームをするなら「半埋め込み型」。それ以外なら、「吊り下げ型」になります。

次に、初期モデルの「ポカピカ」と後継モデルの「ポカピカ2」があります。トータルで4種類になります。

  • ポカピカ・吊り下げ型 ← 完売
  • ポカピカ・半埋め込み型 ← 完売
  • ポカピカ2・吊り下げ型
  • ポカピカ2・半埋め込み型(暖・ライト)

*ポカピカ2・半埋め込み型の正式名称は「暖・ライト」です。

「吊り下げ型」と「半埋め込み型」の違い

「吊り下げ型」と「半埋め込み型」の違いは、工事の有無です。その結果、取付の位置(高さ)が異なります。「吊り下げ型」は「半埋め込み型」に比べて、ヒーターの位置が下がります。ヒーターの位置が下がると圧迫感を感じます。それに頭の上が熱すぎる場合がありますので注意してください。

天井が低い場所に取り付ける場合は、「半埋め込み型」を、逆に、天井が高い場合は、「吊り下げ型」を検討してみてはいかがでしょうか?

また、「半埋め込み型」の欠点としては、ヒーターが壊れた(ヒーターの寿命)場合も電気工事業者に依頼して、取り外しをおこなわなければならない事です。(電球の交換はできますが、ヒーターの交換は製造業者に本体を送らなければなりません)

ポカピカ(吊り下げ型)の比較

続いて、「ポカピカ」と「ポカピカ2」の違いを見ていきましょう。ここでは、「吊り下げ型」でスペックを比較していきます。

内蔵ヒーター

ポカピカ:ハロゲンヒーター(400W)
ポカピカ2:カーボンヒーター(300W)

「体の芯から暖める遠赤外線カーボンヒーター」
カーボンヒーターは、赤外線放射量がハロゲンヒーターの約2倍とされています。赤外線放射量は暖房能力に直接影響するため、ハロゲンヒーターよりも高い暖房性を持っています。また遠赤外線効果も高く人体を効率的に暖めることが可能となります。同じ消費電力で倍の赤外線放射量があるため、大きな効果が期待できます。(ポカピカ2・メーカーカタログより)

内蔵されているヒーターが、「ハロゲンヒーター」と「カーボンヒーター」で異なります。「カーボンヒーター」は、「ハロゲンヒーター」に比べ、半分の電気代で暖房効果が約2倍といわれています。また、ヒーターの寿命が長いのも特徴です。ただ、暖かくなるまでに、少し時間がかかる(立ち上がりが遅い)ようです。トイレなど、短時間での使用であれば、「ハロゲンヒーター」で十分ですが、脱衣室などは、「カーボンヒーター」の方が良さそうですね。

サイズ・重量

ポカピカ:直径27.9㎝×高さ12.1㎝/約1.6kg
ポカピカ2:直径20.2㎝×高さ16.4㎝/約1.3㎏

デザインが変更されました。「ポカピカ」のデザインがいまいち不評だったからでしょうか。その結果、サイズ・重量との若干異なります。「ポカピカ2」の高さが約4cm大きくなっていますので、天井が低いと圧迫感を感じそうです。

ポカピカ:ホワイト
ポカピカ2:ホワイト

「ポカピカ」の色はシルバーメタリックでしたがホワイトの変更されました。(2017年11月現在)

価格(定価)

ポカピカ:14,800円(税抜)
ポカピカ2:23,000円(税抜)

商品機能に比べて、価格の差は大きいようです。

まとめ

「ポカピカ2」の評判が気になり、口コミを探しましたが、ほとんど見当たりませんでした。

ネットの販路が限定されているからでしょうか。それとも価格差が大きいからでしょうか。まだ、「ポカピカ」の方が圧倒的に売れていると思われます。だから、新製品が出たにも関わらず旧商品が継続発売されているのでしょう。

「ポカピカ」の欠点として、「暖まりの悪さ」と「デザイン性」が言われています。この2点を改良したのが「ポカピカ2」だと思われます。大きな期待は出来ませんが、とても便利なアイデア商品です。是非、お試しください。

【商品紹介】 暖ライト&ポカピカ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。