レックスフィット・医療用弾性ストッキングの種類と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関で「医療用弾性ストッキング」の着用を薦められた方へ

足のむくみなど、足に関するお悩みの方が多いと思います。弾性ストッキング(着圧ソックス・圧迫ソックスなど)、いろんな名前に商品がたくさんの種類がありますが、どのように選べばよいのでしょうか?

この弾性ストッキングは、主に医療用(一般医療機器)と市販用があります。市販用は、ドラックストアーやネット通販などで購入できます。良く売れている商品の代表が「メディキュット」です。

メディキュットは、フットケア総合ブランド ドクター・ショール発の、英国の医療用ストッキングをルーツに持つ段階圧力ソックスです。
1997年の誕生以来、英国基準の設計で、段階圧力ソックスのリーディングブランドとして、常に女性の健やかで美しい脚をサポートしています。

メディキュット

自宅用や外出用、それに就寝用など、用途に応じたラインナップも魅力的です。

でも、何らかの疾患があり、「弾性ストッキング」を履かれる場合は、医療用(一般医療機器)をお選びください。

実は、医療用弾性ストッキングと市販されているストッキングは全く異なるからです。

今回は、医療用の弾性ストッキングの専門メーカーの「レックスフィット」を紹介します。専門メーカーだけあって、種類が豊富。そして、購入しやすい価格帯で販売されています。

でも、種類が多くてどれを選べばいいのか分からない・・・・。といった方に分かりやすく解説します。

レックスフィット(医療用弾性ストッキング)

弾性ストッキングとは、足首から脹脛にかけて段階的に圧力をかけるために特殊な編み方でつくられているストッキングです。

日本人の体形研究に基づき、日本人のために開発された圧迫・弾性ス トッキング。リンパ液のうっ滞を軽減・予防等、静脈還流の促進を快 適にサポート。

レックスフィットはワンランク上のフィット感とファッション性、そして優れた耐久性を併せ持った 医療用弾性ストッキングです。

レックフィット

「レックフィット」のタイプは3種類。「ハイソックス」「ストッキング」「パンティストッキング」で男女兼用で使えるようです。その他にも、男性向けの「ソックス」「レオタード」もあります。

まずはこの3種類からどのタイプが自分に向いているのか?そこからチェックしていきます。

【品名】

  • ハイソックス
  • ストッキング
  • パンティストッキング

【圧迫タイプ】

  • 薄手 弱圧 15~20mmHg (20~27hPa)
  • 薄手 中圧 20~30mmHg (27~40hPa)
  • 厚手 中圧 30~40mmHg (40~53hPa)

圧迫の強さは、hPa(ヘストパスカル)で表示され、数字が大きくなるにつれて、強くなります。

hPa(ヘストパスカル)とは

お天気ニュースでよく耳にする言葉ですが、これは大気の圧力(気圧)の単位として使われています。弾力靴下の締め付けの強さの程度も圧力であらわすことができます。パッケージに書かれている数字は、圧力を示す数値です。 では、例えば 10hPaとはどのくらいの圧力なのでしょう?指先の面積が 1cm2とすると、そこに10g (100円玉2枚相当)の重りを載せた程度の圧力をいいます。

日本着圧協会

【爪先タイプ】

  • 爪先を締め付けない無厚帯加工
  • 通気性の良い爪先なし

【生地タイプ】

  • 薄手…・肌が透けて見える
  • 厚手…・肌が透けて見えない

【アイテム一覧】

■ハイソックス

品名 圧迫タイプ 爪先タイプ 金額(税抜)
ハイソックス 薄手 中圧(20~30mmHg/27~40hPa) あり 3,500円
なし
弱圧(15~20mmHg/20~27hPa) あり 3,200円
なし
ハイソックス 厚手 強圧(45mmHg(60hPa)) あり 3,800円
中圧(30~40mmHg/40~53hPa) あり 3,500円
なし

■ストッキング

品名 圧迫タイプ 爪先タイプ 金額(税抜)
ストッキング 薄手 中圧(20~30mmHg/27~40hPa) あり 4,300円
中圧(20-30mmHg・27-40hPa) なし 4,500円
弱圧(15-20mmHg・20-27hPa) なし 4,000円
ストッキング 厚手 中圧(30~40mmhg/40~53hPa) あり 4,800円
中圧(30~40mmHg/40~53hPa) なし 4,200円

■パンティストッキング

品名 圧迫タイプ 爪先タイプ 金額(税抜)
パンティストッキング 薄手 中圧(20~30mmHg/27~40hPa) あり 4,800円
弱圧(15-20mmHg・20-27hPa) あり 4,000円
パンティストッキング 厚手 中圧(30~40mmHg/40~53hPa) あり 5,300円

■メンズ向き

品名 圧迫タイプ 爪先タイプ 金額(税抜)
ハイソックス 男性向き 厚手 中圧(20~30mmHg/27~40hPa) あり 3,500円
男性レオタード 前アキタイプ 厚手 中圧(20~30mmHg/27~40hPa) あり

8,000円

正しい使い方(履き方)

弾性ストッキングは普通のストッキング(靴下)に比べ、足首周りを中心に強い圧迫がかかるように作られております。慣れるまで履きづらいと思いますが、履き方を覚えて正しい着用方法で履いて下さい。

毎日履き続けると圧迫感が弱くなりま。2~3足を交互に使用するようにしてください。交換の目安は約6か月です。

医療用弾性ストッキングに様々なタイプや圧迫圧のものがあります。足の浮腫みや疲れの軽減であれば、弱圧を選べばよいでしょうが、疾病がある場合は、症状が悪化しないためにも、医師に相談されることをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*