沸かし太郎を早くに故障させないための正しい使い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気でお湯を沸かす事が出来る、とっても便利な家電「沸かし太郎」。

少ない水量(約10リットル)から家庭のお風呂(約250リットル)まで使えます。多用途で使われることを想定して開発・製造された商品ですが、賃貸住宅にお住まいで、追い焚き機能がないご家庭で使われるケースが圧倒的に多いようです。

「水」と「電気」。日常生活では危険と言われる組み合わせ。中小企業の技術があるからこその商品ではないでしょうか。今回は、「沸かし太郎」を安全に使用するために、そして、早くに故障させないための注意事項をご説明します。

沸かし太郎の使い方(手順)

使い方はとっても簡単。本体を浴槽に沈めるだけで、水からの湯沸しや、保温ができます。
以下では、手順を追ってご説明します!

  • お水またはお湯を容器(浴槽)に入れる(最大250リットルまで)
  • 本体を容器(浴槽)に沈める。本体は必ず寝かせて、完全に水の中に入っている事を確認する
  • 温度を設定する(30~45℃)
  • スイッチをONにする

水位(空焚き状態)、本体が完全に沈み込んでいるかを確認してください。なお、入浴中に使用すると感電の危険性があります。入浴するときは、安全のため必ず電源を切って取り出してください。

注意事項

  • 水道水以外の水は使用しない(井戸水・温泉水・入浴剤など、水素水などもダメ)
  • コントロールボックス(電源スイッチ)は、水や蒸気がかからないように(防水タイプではない)
  • 長期にわたるお湯の連続使用(お湯の腐敗・雑菌の繁殖の原因になる)
  • 入浴中は電源を切って取り出す

安全性

使用中に異常が発生すれば、電源が切れるようになっています。例えば、「空焚き防止」機能。電源を切り忘れて取り出しても電源が切れます。(もしもの異常が発生すれば、電源を遮断し、異常を知らせるブザーが鳴ります)

そして、ヒーターはカバーで保護されているため、本体を直接触っても熱くありません(火傷の心配がない)

電化製品をお水の中に沈めるため、安全機能は万全です。以下の5つの装置がございます。

  • 水位異常感知装置(水位センサー)
  • 異常温度上昇防止装置(温度センサー)
  • ヒーター異常過熱防止装置(温度ヒューズ)
  • 過電流防止装置(電流ヒューズ)
  • 漏電防止装置(コントローラー一体型漏電ブレーカー)

空焚きを防止する機能。温度の上昇を防止する機能。などを搭載しています。ご安心してお使いください。但し、取扱いの注意事項は必ずお守りください。

よくある故障

耐久年数は使用頻度や使い方によって異なりますが、目安として約3年です。ただ、もっと早くに故障するケースがあります。主の以下の3つです。

  • コントロールボックス(電源スイッチ)
  • コードの内部電線が断線(本体の根元部分)
  • カートリッジヒーター

コントロールボックスは防水ではありません。水蒸気が発生する場所に置いたり水をつけたりしないでください。感電や故障の原因になります。

また、コードを強く曲げたり、無理に引っ張りだすと内部が断線します。十分に注意してください。

まとめ

沸かし太郎は、家庭用の電化製品に比べ、耐久年数が短いです。また、1年以内に故障しているケースもあるようです。すぐに故障しないためにも注意事項を守り大切にお使いください。

沸かし太郎の購入を検討している方にオススメしたい記事

【コラム】 沸かし太郎はプロパンガス高騰の救世主になる?
【徹底比較・バスヒーター編】風呂バンスVS沸かし太郎
沸かし太郎を早くに故障させないための正しい使い方!
沸かし太郎をお風呂で使う!便利な活用方法は?
沸かし太郎の電気代は?1日約80円の誤解を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沸かし太郎ってどんな商品?

「沸かし太郎」は、スイッチを入れるだけで自動的に湯沸し、その後適温で保温する「風呂保温ヒーター」です。

保温機能に加え、湯沸しができますので、冷めたお湯を温めなおす事も出来ます。取付工事は全く必要ありません。本体を浴槽に涼めるだけで年配の方でも簡単便利にお使い頂けます。


商品を購入する

SNSでもご購読できます。