風呂バンスでできる事とできない事を知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂バンスが自宅にあると、追い焚き機能がなくても、いつでも温かいお風呂に入ることができるから、とても便利です。

しかし、風呂バンスにも「できないこと」があります。もし、間違った使い方をしてしまったら危険が及ぶ可能性もあるので、注意が必要です。

今回は、風呂バンスを使ってできる事、できない事を、ご紹介します。

風呂バンスを使ってできる事

まずは、風呂バンスを使ってできる事を、確認していきましょう!

  • お風呂のお湯を、適温にまで温めることができる。
  • お湯の温度は、熱めとぬるめの2段階から選べる。

熱めの場合には、お湯の温度は44度±2度くらい、ぬるめの場合には、お湯の温度は40度±2度くらいとなるので、お好みによってお選びいただけます。

  • お湯だけではなく、水からでも温めが可能

1人暮らしでも、ガス代節約のため、風呂バンスを活用されている事例もあります。

  • 温めだけではなく、保温も可能

短時間の保温だけではなく、長時間の保温も可能です。前日の夜に風呂バンスで保温しておいて、翌朝に温かいお風呂に入ることなども可能になります。

たとえばこんな風に利用してみよう!

家族がたくさんいて、入浴時間がバラバラな場合、最後の家族が入浴されるときには、お風呂のお湯が冷めてしまいます。こんなとき、風呂バンスがあったら、ずっとお湯が温かいまま維持できるので、最後のご家族が入浴されるときまでポカポカです。

また、冷めたお湯を温め直すこともできるので、冷めてしまったからと言って、入れ替える必要がなくなります。

風呂バンスでは、できない事

次に、風呂バンスではできないことも、確認していきましょう。

  • 入浴中にお湯を沸かすこと

まず、入浴中に風呂バンスを利用することは、できません。感電の危険性があるからです。入浴する時は、必ず電源を切って取り出して下さい。

  • 水から短時間でお湯を沸かすこと

風呂バンスを使ったら、すぐにお湯が沸くと勘違いされることがありますが、それはできません。

水からお湯を沸かすとき、一定の時間がかかってしまいます。夏場では約3.5時間、冬場では約8.5時間です。

そこで、お風呂に入りたいときには、早めに風呂バンスをお湯に入れてセットしておく必要があります。

  • 少ないお湯で利用すること

風呂バンスを利用するときには、本体を完全にお湯に沈める必要があります。沈んでいないと空焚きのおそれがあると判断して、自動停止してしまうためです。

そこで、お湯が少ない状態では、風呂バンスの利用はできません。たとえば、浅いバスタブのケースや半身浴、足湯などのためにお風呂を温めたい場合には、風呂バンスを使うことができないので、注意しましょう。

その他、風呂バンスの利用ができない場合は、以下の通りです。

まず、風呂バンスは家庭用のお風呂向きの商品なので、250リットル以下のバスタブでしか利用できません。

また、入浴剤や温泉水、井戸水などの利用もできません。適応しているのは水道水のみです。

さらに、日本国内での利用を予定しているので、海外での利用にも適応していません。

「風呂バンスの購入が不向きな人とは?商品の弱点を解説!」も合わせてお読みください。

風呂バンスの利用に向かない方がいらっしゃいます。それは、風呂バンスの弱点に引っかかってしまう方です。

風呂バンスには、以下の4つのウィークポイントがあります。

  • 水からすぐに、お湯を沸かす事ができない
  • 入浴中に使えない
  • 入浴剤や温泉水が使えない
  • 業務用、屋外のお風呂で使えない

風呂バンスの購入が不向きな人とは?商品の弱点を解説!

いかがでしたか?

禁止事項はどれも当たり前のことばかりですし、これらの禁止事項さえ守っていたら、スーパー風呂バンスはとても便利な商品です。

今のお風呂に不便を感じているなら、是非とも利用されてはいかがでしょうか?

風呂バンスの購入を検討している方にオススメしたい記事

・詳細①-風呂バンスの使い方!知りたい!便利の理由は何?
・詳細②-風呂バンスの活用事例は?こんな使い方をしてみよう!
・詳細③-風呂バンスでできる事とできない事を知っておこう! ← 現在のページ
・詳細④-風呂バンスの安全性は大丈夫? 利用の際の注意事項は?
・詳細⑤-風呂バンスでは、どの位の時間でお湯を沸かせる?電気代は高くないの?
・詳細⑥-風呂バンスの購入が不向きな人とは?商品の弱点を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂バンス1000ってどんな商品?

「スーパー風呂バンス1000」は、スイッチを入れるだけで自動的に湯沸し、その後適温で保温する「風呂保温ヒーター」です。

保温機能に加え、湯沸しができますので、冷めたお湯を温めなおす事も出来ます。取付工事は全く必要ありません。本体を浴槽に涼めるだけで年配の方でも簡単便利にお使い頂けます。


商品を購入する

SNSでもご購読できます。